格安ほぐし匠人(ほぐしにん)健康道場 「気練房」

新着情報

2018/10/08

臍下丹田呼吸 → http://kirenho.com/blog/3785
Modern people, breathing is shallow!

現代人は、呼吸が浅い!
おまけに鼻呼吸できずに、脳の発育まで衰えさせてる。
天賦の潜在力を高める 腹力呼吸 は、腹式呼吸を始めすべての呼吸基礎である。
1にも、2にも、先ずは、腹力呼吸( 臍下丹田呼吸法 )
血中酸素量を増やせれば、疲れにくい細胞をつくり、持久力も高まってくる。
詳しくは → http://kirenho.com/blog/3785

2018/10/03

体温と免疫力の関係 → http://kirenho.com/blog/3783
Stagnation of blood flow is the source of all kinds of diseases

冷えは、万病のもと!
体温の40%は、筋肉から出てます。
体温が1℃上がると、免疫力は5~6倍になります。
がん細胞は、体温が35℃の低い体温のとき、最も増殖し、39.3℃以上になると、死滅すると言われてます。
健康な人の腋化温度(わきの下の体温)は、平均で約36.5℃です。
36.5~37.0℃であれば、免疫力も旺盛に働きますが、これを1℃下回るだけで、免疫力は約30%も弱まって、内臓の働きは低下し、ガンを含め、様々な病気になりやすいのです。
血液の流れと免疫力は、密接に関係しています。
血行が悪いと、脳や内臓などの働きが衰えるため、頭痛や肩こり、耳鳴り、便秘、下痢、手足のしびれ、うつや慢性疲労などの症状が出やすく、心臓病、糖尿病やアトピー性皮膚炎など、引き起こすと考えられています。
せめて月に1回は、筋肉・筋膜ほぐし、深部から隅々まで血流よくし、弾力ある柔軟な心身に改造してゆけば、疲れ知らず、病気知らず。
体温&免疫アップのために、う~んと心身ほぐしてヘルスケア!

2018/09/27

心身ほぐしケア必要性 → http://kirenho.com/blog/3774
The cell continues working without break and as a result it screams

運動してる人も、してない人も…
疲れてる人も、疲れてない人も…
病んでる人も、病んでない人も…
元気な人も、元気じゃない人も…
自覚してる、してないに、関わらず…
休みなく働き続ける細胞は、悲鳴をあげてます
少なくとも、月に1回は、筋肉・筋膜ほぐして
さらにツボ療法にて、深部から隅々まで血流よく
弾力ある柔軟な心身に改造してゆけば、疲れ知らず
定期的なヘルスケアとして、せめて月に1回は必須
体温&免疫アップのために、心身ほぐしヘルスケア

2018/09/24

今日(9/24 19:30~)NHK総合TV ご覧くださいませ!
現代科学によって、東洋医学の神秘(ホントの力)に迫る
http://kirenho.com/blog/3772
Elucidation of the mystery of oriental medicine by modern science

西洋医学では手が届かない症状への解決策として用いられてきた東洋医学
「科学的でない・気休めに過ぎない」と揶揄(やゆ)されることもあった
しかし近年、現代科学により東洋医学の真相に大きな変化が起きつつある
世界中の科学者が東洋医学を研究。続々と効果を支持する根拠が確認され
その最新研究や医療現場をNHKが徹底取材、東洋医学の神秘に迫っていく
引用サイト : http://www4.nhk.or.jp/P5063/

2018/09/20

映画:プーと大人になった僕 → http://kirenho.com/blog/3769
Christopher Robin

今度これ一緒に見に行こうか!
人生もっと幸せになれるかも?